レンタルサーバー CPIの特徴や料金、機能・プランを徹底解説

ここでは、KDDIグループのビジネス向け

レンタルサーバー【CPI】

の紹介をしています。

>>> KDDIグループのビジネス向けレンタルサーバー【CPI】の詳細はこちら

● 【CPI】の共用レンタルサーバーの特徴

 

CPIの共用レンタルサーバーは

SV-Basic といいます。

 

2020年7月9日に大幅なアップデートしているんですよ。

価格はそのまま!

3,800円/月

 

◎ ディスク容量(主契約ドメインのみ)

ウェブ 100GB → 300GB

メール 200GB → 200GB

 

◎ メールアカウント(主契約・マルチドメイン共に1ドメインごと)

200アカウント → 200アカウント以上 作成可能に!

※当社では1,000アカウントまでの登録が可能なことを確認しております。メールアカウントの設定数に制限値は設けておりませんが、メールディスク容量の範囲内でのご利用になります。

 

◆ SV-Basic の特徴

 

 

 

● 共用レンタルサーバーの機能

◆ 主なサービス内容

 

 

これ以外は、公式サイトに詳しく説明されていますので、

そちらで確認してくださいね。

 

>>> レンタルサーバー【CPI】の公式サイトで確認する

 

● 共用レンタルサーバーの料金

◆ サーバー

 

初期費用 月額費用 ご利用期間の合計
12ヶ月(一括払い) 0円 3,800円(税別) 45,600円(税別)
6ヶ月(一括払い) 20,000円(税別) 4,100円(税別) 24,600円(税別)※初回のみ 44.600円(税別)
3ヶ月(一括払い) 20,000円(税別) 4,400円(税別) 13,200円(税別)※初回のみ 33,200円(税別)

※ご契約期間分は、契約期間一括でのお支払いとなります。
月額費用は、ご契約期間分の一括払いを月額へ換算した費用です。

 

◆ オプション

 

・SSLサーバー証明書

「CPI SSLサーバー証明書」が1枚無料(主契約ドメイン分)

 

初回取得時 更新時
CPI SSLサーバー証明書 37,000円(税別) 37,000円(税別)
セコムパスポート for Web SR3.0 80,000円(税別) 80,000円(税別)
デジサート(旧シマンテック)
セキュア・サーバID
70,800円(税別) 106,000円(税別)
デジサート(旧シマンテック)
セキュア・サーバID EV
187,000円(税別) 187,000円(税別)
ジオトラスト
クイックSSLプレミアム
56,300円(税別) 56,300円(税別)

 

 

>>> KDDIグループのビジネス向けレンタルサーバー【CPI】の詳細はこちら

 

● よくある質問 Q&A(閲覧の多いもの5つ)

 

Q:メールソフト Thunderbird で、急にメール送受信が行えなくなりました。

A:Thunderbird(バージョン:78.2.2 以降)では、暗号化通信の標準設定の影響で、メールの送受信ができなくなる場合があります。

そのため、以下の手順で設定をご変更ください。
Thunderbird を立ち上げ、右上の三本線のマークをクリックし、メニューリストから「オプション」を選択
「オプション」の「一般」画面が開かれるので、画面を一番下までスクロールし、 「設定エディター」をクリック
「about:config」の画面が開かれるので、下部の「危険性を承知の上で使用する」をクリック
画面が切り替わり、上部の検索バーに「security.tls.version.min」を入力して検索
「値」の項目の上でダブルクリックし、 入力ウィンドウで 「1」 を入力して「OK」をクリック
画面右上の「×」でウインドウを閉じ完了
以上となります。

Q:メールソフト Outlook で、突然メール送受信が行えなくなりました。

A:原因として、メールソフト Outlook のアップデートにより、暗号化通信(TLS)の対応バージョンが、「1.0」「1.1」が非対応(「1.2」のみ対応)になったことが考えられます。

下記のプランをご契約中で、かつ Outlook2016、Outlook 2019 (Outlook Office 365) をご使用の場合に、送受信エラーが出ることがあります。対象のサーバーでは、TLS1.2に対応していないため、暗号化通信を解除していただくことで送受信が可能となります。

 

※サーバー名の「****」は各プランごとに異なる数字が入ります。

Q:500 Internal Server Error の原因は何ですか?

A:アクセス先のコンテンツが読み込んでいるファイルのパーミッションが適切でない場合、またはプログラムの記述に間違いがある可能性があります。
500 Internal Server Error につきましては、エラーログに情報が出力されていますので、ご確認の上、問題点の特定や改修を行っていただくようお願いいたします。

当日分のエラーログは、コントロールパネルよりご確認いただけます。
WEB コントロールパネル > 公開サイト用設定 > ログ管理 > ログの表示 > エラーログを見る

※前日以前のエラーログは、ウェブサーバーに FTP 接続し、ログディレクトリから取得してください。
対処法につきましては下記もご参照ください。
https://knowledge.cpi.ad.jp/other/281/
※CPI では、お客様のプログラムに関する原因の特定や修正方法は技術サポートの対象外となっております。
予めご了承ください。

Q:403 Forbidden エラーの原因は何ですか?

A:

◎ index にあたるファイルが無い場合

index.htmlやindex.phpなど、ディレクトリの中に「index(トップページ)」にあたるファイルが無い場合、403 Forbidden というエラーが表示されます。

サーバーの中に、「index.html」「index.htm」「index.php」「index.shtml」などが設置されているかご確認ください。

◎ [.htaccess]の記述に誤りがある場合

CMS を利用している場合には、「リダイレクト」という転送設定が必要なケースがあります。
[.htaccess]ファイルに正しいリダイレクト記述がおこなわれているかどうかご確認ください。

.htaccessの記述方法について(SV-Basicの場合)

◎ 接続元IPアドレス制限を実施している場合

SV-Basic や ACE01 プランのテストサイト領域では、SmartRelease の機能として、「アクセス制限」の設定が可能です。
設定している IP アドレス制限を解除しても 403 エラーが出るかどうかご確認ください。

また、この機能を利用していない場合でも、[.htaccess]でIPアドレス制限を実施している場合には、記述している IP アドレスが接続に利用する IP アドレスと合致しているかどうかをご確認ください。

Q:コントロールパネルにログインできません。

A::ご利用のプランにより異なります。
以下に「SV-Basic」「ACE01」「その他のプラン」に分けてご案内します。

■ SV-Basic の場合
SV-Basic のコントロールパネルのログイン画面はこちらです。

SV-Basic のコントロールパネル ID は、以下の3種類を発行しています。
管理者コントロールパネル ID
ウェブコントロールパネル ID
メールコントロールパネル ID
そのうち、「管理者コントロールパネルID」は「R」で始まる ID です。
ウェブコントロールパネルIDやメールコントロールパネルIDは、
一度、管理者コントロールパネルIDでコントロールパネルにログイン後、「契約情報」項目にてご確認ください。
パスワードが分からない場合(管理者コントロールパネルIDは分かる)
サーバーのご契約情報にご登録されている管理者メールアドレスがお手元にある場合、
こちらからパスワードの再発行が可能です。

※管理者メールアドレスがご不明な場合は、マイページにログイン後、
「ご契約者情報」(またはパートナー情報)にてご確認いただけます。
マイページ へのログインが行えない場合は、こちらをご確認ください。
管理者コントロールパネル ID もパスワードも分からない場合
マイページにログイン後、画面右上の「お問い合わせ」から、
以下の内容をご選択・ご明記のうえ、お送りください。

ドメイン/ご契約 ID:該当ドメイン名をご明記ください。

お問い合わせ項目:「サーバー設定や技術的なお問い合わせ」または「現在ご利用中のレンタルサーバーについて」をお選びください。

お問い合わせ内容:「SV-Basic のコントロールパネル ID をメールで再送希望」とご明記ください。

■ ACE01 の場合
ACE01のコントロールパネルを利用する場合、ユーザーポータルにログイン後に、
ウェブやメールのコントロールパネルにアクセスを行います。

ユーザーポータルのログイン画面はこちらです。
ユーザーポータルにログインできない場合は、以下の当てはまる項目をご参照ください。
パスワードが分からない場合(ユーザーポータル IDは分かる)
サーバーのご契約情報にご登録されている管理者メールアドレスがお手元にある場合、
マイページからパスワードの再発が可能です。

※管理者メールアドレスが不明な場合は、マイページにログイン後、
「ご契約者情報」(またはパートナー情報)にてご確認いただけます。
マイページ へのログインが行えない場合は、こちらをご確認ください。
ユーザーポータル ID も、パスワードも分からない場合
ご契約ドメイン名と管理先メールアドレスがお分かりでしたら、
マイページから、ユーザーポータルIDの再発行が可能です。
また、マイページ へのログインが行えない場合は、こちらをご確認ください。

ユーザーポータルIDを再発行後、こちらからパスワードの再発行を行ってください。

■ 上記プラン以外のコントロールパネル
コントロールパネルのログインURLは、ご契約サーバーによって異なります。

コントロールパネルのログインID、パスワードおよびURLは、
サーバー設定完了通知(メールまたは郵送)に記載しておりますので、ご確認ください。

お手元にサーバー設定完了通知が無い場合は、マイページにログイン後、
画面右上の「お問い合わせ」から、以下の内容をご選択・ご明記のうえ、お送りください。
ドメイン/ご契約 ID:該当ドメイン名をご明記ください。

お問い合わせ項目:「サーバー設定や技術的なお問い合わせ」または「現在ご利用中のレンタルサーバーについて」をお選びください。
お問い合わせ内容:「コントロールパネルのパスワードの初期化」および「コントロールパネルのログイン情報をメールで再送」とご明記ください。

KDDIグループのビジネス向けレンタルサーバー【CPI】

このサイトはWordPressで作成しています。
◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。
◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
ありがとうございました。
TOPページへ戻る
おすすめの記事