サイトの記事に参考にするキーワードリストの作り方

 

● 必要なもの

 

1.自分のサイト

2.GoogleChrome

3.エクセル

これだけです。

自分のサイトがまだない場合には、

作り初めの参考データーとして活用しても良いですね。

 

● 手順は以下の4つ

 

1.自分のサイトのテキスト部分を抜き出す。

 

「HTML テキスト抽出(簡易)」を利用する。

http://s-yata.jp/apps/nwc-toolkit/text-extractor

 

2.キーワードに分解する。

 

「テキストマイニング 無料ツール」を利用する。

 

http://textmining.userlocal.jp/

 

3.同様にしてライバルサイトもキーワードに分解する。
(最低でも上位3位までを対象にする)

 

4.自分のサイトにないキーワードをあぶりだす。

 

ここから上記4つの手順を、実際にやってみましょう。

 

1.自分のサイトのテキスト部分を抜き出す。

 

・「HTML テキスト抽出(簡易)」を利用する。

 

「HTML テキスト抽出(簡易)」

http://s-yata.jp/apps/nwc-toolkit/text-extractor

 

 

 

・左側の数字と右側の文章全体をコピーする

 

 

 

(コピーするにはキーボードのCtrlキーを押したままCキーを押す)

 

 

・それをエクセルに貼り付ける

 

 

A1に張り付ける
(Ctrlキーを押したままVキーを押す)

 

エクセルの「B」(赤枠)をクリックする

 

 

 

B列全部が選択された状態になる

 

 

(Ctrlキーを押したままCキーを押してコピー)

 

コピーした状態で次の「2.キーワードに分解する」の項目に進む

 

2.キーワードに分解する

 

「テキストマイニング 無料ツール」 を利用する。

 

「テキストマイニング 無料ツール」
http://textmining.userlocal.jp/

 

 

赤枠の中の部分に、先ほどのB列のコピーを張り付けます。
(カーソルの点滅を確認後、Ctrlキーを押したままVキーを押す)

 

 

この状態になったら、赤枠の「テキストマイニングする」ボタンをクリック。

 

 

* キーワードデータをダウンロードする

 

 

この画像の物が出てきます。

左側の共起ネットワークは使いません。

右側のワードクラウドを使います。

 

 

赤枠内の緑の「単語の出現頻度をダウンロード」ボタンをクリック

すると、ボタンの下にベロンと2行出てきます。

どちらを選択しても良いんですが、ここでは「UTF-8」をクリックしましょう。

 

 

すると下部に赤枠内の物が出てきます。

「開く」ボタンをクリック。

 

 

 

エクセルでデータが現れます。
ここで不要な列を削除します。

 

まず「A」をクリック、次にキーボードのCtrlキーを押したままエクセルの「C」をクリック。
もうCtrlキーから指を放してください。

 

これで「A列」、「C列」とも選択された状態です。

ここでもう一度Ctrlキーを押してそのままテンキーの「-(マイナス)」キーを押す。

 

 

 

これで「A列」には単語の列のみになりましたね。

 

今度はエクセルの左側にある「1」をクリックしてその行を選択した状態にします。
そのままキーボードのCtrlキーを押したままテンキーの「-(マイナス)」キーを押す。

 

これで「A列」には単語のセルが消えてキーワードのみになりましたね。

 

 

 

* キーワードすべてに色を付ける

 

 

A1を選択した後、CtrlキーとShiftキーを同時押ししながら
「↓」キーを押すと全てのキーワードが簡単に選択できます。
(キーボードによっては、「↓」ではなく「▽」の場合が有ります)

 

選択した後、塗りつぶしの色を任意の色に指定します(ここでは黄色)。

 

これをやっておかないと、この後の工程でややこしいことが起きてしまいます。

 

 

・参考までに

 

 

ここでエクセルを保存しようとしたとき、ファイルの種類は

必ず緑枠内の「v」をクリックして、出てきた沢山の項目から

赤枠内のように「Excelブック(".xlsx)」を選択してください。

ファイル名は任意でつけてください。

 

 

3. ライバルサイトも同様にキーワードに分解します

 

* GoogleChromeで自分が上位表示を目指すキーワードを検索

https://www.google.co.jp/

 

 

 

・GoogleChromeを使う理由

Internet Explorer や Mozilla Firefox などは使用者の利便性を考えて

自分が今までインターネットで利用した情報などが考慮されての検索結果が表示される。

つまり自分好みに偏った結果が出てくるのです。

 

GoogleChrome は一切そのようなことは考慮されず、客観的な検索結果が表示されます。

 

 

 

* 上位のサイトからキーワードに分解していく

 

 

 

 

手順は自分のサイトをキーワードに分解した内容と同じです。
(最低でも3位まで理想は5位まで)

 

 

* ライバルのデータを自分のデータの下に貼り付ける

 

 

 

 

4. 自分のサイトにないキーワードをあぶりだす

 

 

 

重複の削除をクリックすると下のような画像が出てきます。

 

 

右下の「OK」ボタンをクリックします。

下のような画像が出てきます。

 

 

これも下の「OK」ボタンをクリックします。

 

 

* これらの作業によって自分のサイトにないキーワードがわかる

 

 

 

 

 

今回はここまでです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう