アフィリエイトブログ・サイト記事のキーワードの種類

 

● キーワードには2つの種類がある

 

・商品名・会社名キーワード

・悩み、一般名称キーワード

 

ASPアフィリエイトで注目するキーワードは何よりもまず、

成果報酬につながりやすい、商品名、会社名をキーワードの柱として考えます。

 

特にアフィリエイト初心者は慣れるためにも、

商品名・会社名をキーワードにして進めましょう。

 

ただ、いくら売れる商品でも、ライバルサイトが強い場合、この商品名、会社名ではなく、

商品の購入に結び付く悩み、一般名称キーワードを柱にしてサイトを作成します。

 

それぞれのキーワードには下記のような特徴があります。

 

・商品名・会社名キーワード

検索数:少

成約数:高

 

・悩み、一般名称キーワード

検索数:多

成約数:低

 

検索者(お客様)のニーズが強い場合は

”悩み、一般名称キーワード”から”商品名・会社名キーワード”

の方に流れていきます。

 

● 商品名・会社名キーワードを狙う場合

 

◇ メリット

 

・成約率が高い

 

検索を商品名で調べてくる訪問者は、すでにその商品を知っていて、

購買意欲を持って調べていることが多いために必然的に成約率が高くなってきます。

 

 

・検索の上位表示しやすい

 

そのキーワードをサイト名や記事名にしているライバルも

少ない場合が多いため、検索上位表示しやすい。

 

 

・記事の内容をまとめるのが簡単

 

記事作成時にその商品の特徴、効果、口コミなどを広告主の販売サイトや、

Yahoo!知恵袋などの悩みサイトで調べてまとめていきます。

 

このように”調べて、まとめる”ことが作業のメインになります。

なので比較的に簡単に記事を作成できます。

 

◇ デメリット

 

商品の販売終了、会社が倒産してしまった場合などは当然広告終了となり、

自分のそのサイトからの成約報酬は”ゼロ”となってしまいます。

 

その商品の情報に興味を持って集まるキーワードという性質上、

その商品が販売終了すればそのサイトの役目も同時に終了することになってしまいます。

 

社名SEOには代替広告がないというリスクがあることを理解しておいてください。

 

このように、商品名、会社名キーワードは

成約率は高いですが広告終了のリスクも付いてきます。

 

また販売終了ではなくても、報酬単価が下がってしまう場合も同じく、

下がった分だけ稼ぎ高も下がってしまいます。

 

◇ 商品名・会社名キーワードで狙いたいプログラム

 

・知名度があること

(テレビCMをやっている、芸能人や有名人を使って広告を出している)

 

テレビCMでよく見る

WEBで検索」や「続きはWEBで

というクロスメディアの力はかなり大きなものがあります。

 

テレビなどのメディアに出ている商品やサービス名は多くの検索数があり、

さらにそれを検索する人は”商品の事が気になっている人”なのです。

 

アフィリエイターとしてはこの流れに乗って成果報酬を取っていくことを常に心がけましょう。

 

芸能人をイメージキャラクターに起用しているような商品はこの流れが特にすごいですよ。

 

ここで注意することは、商品名・会社名キーワードでも優先するのは知名度の大きさです。

さらに、報酬単価が高ければより大きく稼げます。

 

知名度の高い企業の商品は積極的に狙って大きく稼ぐことを目指しましょう。

 

● 悩みキーワードでサイトを作る場合

 

◇ メリット

 

・検索数が多い

 

商品名・会社名キーワードと違って、その悩みを抱えている人すべてが

検索してくる可能性があるので、相対的に検索数が多いということになります。

 

・アフィリエイトする商品の範囲が広い

 

その悩みを解消できる商品であれば、なんでもそのサイト内で紹介できます。

あるキーワードで来るであろう訪問者の想いを読み、

それによってどんな商品をアフィリエイトするかという、戦略を立てることができます。

また広告主による広告終了時に代わりの広告探しも簡単にできるでしょう。

 

◇ デメリット

 

・成約率が低い

 

この悩みキーワードを検索している人は、商品購入が目的という人ばかりではないのです。

 

それこそ他のアフィリエイターがキーワードの調査をしているだけかもしれませんし、

情報を収集するためだけで来ていることだってあり得ます。

 

そのような人はあまりアフィリエイトリンクをクリックしないし、

もし、したとしても商品の購入はないでしょう。

 

これらの事から、結果として成約率は低くなってしまいます。

 

・訪問者(お客様)の興味を引き、納得させるコンテンツが必要

 

キーワードが持つ悩み X 商品が持つ解決方法 X 伝え方(文章や画像)= 成約

 

その商品に強い興味をまだ持っていない訪問者も多いため、

商品の特徴を強く打ち出したり、悩みなどの解決法を先読みして

その解決法を提案する必要があります。

 

サイト作りでは、商品名・会社名キーワードよりも

訪問者の気持ちを強く動かすために商品情報のまとめ方や、

画像でのインパクトの与え方に工夫をしましょう。

 

・訪問者(お客様)の求めるものを考える

 

キーワードが持つ悩み X 商品が持つ解決方法 X 伝え方(文章や画像)= 成約

 

訪問者(お客様)は必ず何かを知りたいという欲求を持ってサイトにやってきます。

その訪問者の欲求が何なのか、それをくみ取ることを強く意識してサイトを作りましょう。

 

訪問者(お客様)が求めるコンテンツを提示して、アフィリエイトリンクで誘導する。

 

お客様自身が納得できる情報がサイトにあれば、そこに貼られている広告で

紹介されているものが気になり、クリックして販売サイトに入っていく可能性も高くなります。

 

これがキーワードをフォローできるアフィリエイトサイトの構成であり、

悩みキーワードでの誘導記事作成における最大のポイントです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう