アフィリエイトで稼げる商品プログラムの探し方(1/2)

 

● アフィリエイトの大原則

 

アフィリエイトで広告する商品を選ぶ際に、何でもかんでも手当たり次第に

選んでしまったり、自分の好みに合わせてしまったりしてもなかなか売れません。

 

たまにはヒットするものもあるかも知れないですが、確率が悪すぎます。

 

まず、アフィリエイトをするときに大事なことは、売れているものを売る

ということなんです。これが最も簡単に稼げる方法なんです。

 

どんな商品にも作る側のサイクルがあります。必ず一定の期間が過ぎれば

その商品に置き換わるような新商品が開発、販売されてきます。

そんな時にも古くなった商品を広告宣伝し続けても、じり貧になっていくだけですよね。

 

またその商品に競合している他社がそれを超えるような新商品を新規に販売し始めると、

じり貧どころか、全く売れなくなってしまいます。

 

こういう場合には、いくら良いキーワードを含む記事で

検索上位表示できたとしても売れないでしょう。

 

これらの事からも分かる様に、その時々で売れるものを売る

これがアフィリエイトの大原則なのです。

 

売れるものを選んでいくのは最初は難しいかも知れませんが、

次の項目で広告を選ぶ際のポイントを説明します。

 

売れるものには積極的にどんどん攻めていきましょう。

 

● 稼げる商品プログラムを探す。

 

各ASPには多量のアフィリエイト商品プログラムが登録されています。

それらの中からどのようにして売れる、つまり稼げるプログラムを
厳選していくのかを説明していきます。

 

そしてプログラムの選定での目安や注意点も併せて説明していきます。

 

商品プログラムの探し方は大きく分けて

オフライン」と「オンライン

の2種類あります。

 

◇オフライン

 

・カレンダーから

 

カレンダーを活用してプログラムを見つけるということは、

どういうことかと言いますと、日本では各月ごとにいろんなイベントがありますよね。

 

お正月から始まって成人式、節分、ひな祭り、卒業式、入学式、

こどもの日、母の日などいろんなイベントがあります。

 

イベントによってはプレゼントを贈るようなものもあります。

そういうイベントに合わせてアフィリエイトの準備をしておけば、

売れやすくなります。その折々の時期に合わせた売れやすい商品プログラムを

積極的に探していくことが大事です。

 

ただ一つ気を付けて欲しいのは、イベント時期ギリギリでの広告宣伝は、

効果があまりないでしょう。

3ヶ月~半年ぐらい前から準備をしていきましょう。

 

参考:Wikipedia「日本の年中行事」
◆ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E4%B8%AD%E8%A1%8C%E4%BA%8B

 

・雑誌から

雑誌から商品プログラムを探し出して選んでいくのは、効果が出るようです。

雑誌の内容に目を通して1年を通してどのようなものが売れ筋なのか、

ということがわかってきます。

 

雑誌そのものも時期の先取りをして記事や特集などを組んでいます。

そういうことから、これから需要が増えてくるであろう物を、

早めに知ることができます。

 

雑誌などで特集が組まれるようなものは、そのタイミングで

広告宣伝の商品プログラムとして、速やかに実施していきましょう。

 

こういうものは先手必勝で、いち早く稼ぐことが可能になってきます。

 

また、複数の雑誌に目を通すことで、多数の広告を出している商品が見つけられます。

そのような商品は広告主が力を入れてキャンペーンを行っている場合がありますので、

商品広告を選ぶときの参考にしましょう。

 

・テレビから

 

普段何気なく見ているテレビですが、そのテレビも商品プログラムを収集する宝箱です。

 

ニュースやコマーシャル、特に通販の番組で紹介される商品は、

それを見た人たちが気になって検索で調べることが多いためです。

 

アフィリエイト商品プログラムの広告主でも通販企業が有ります。

そこの動きも気に留めておきましょう。

 

また、通販番組で扱った商品やそれの類似品は速攻で売れ行きとしての動きが出てきます。

そのため、そちらにも気をめぐらしておきましょう。

 

さらに有名人やタレントが紹介した商品は、テレビ放映された直後から

その商品の検索数が一気に伸びてきます。

そういうものは特に要注意です。

 

 

オンラインでの商品プログラムの探し方は次の記事になります。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう